【車いすで箱根旅】ロマンスカー編Wheelchair trip to Hakone~romance car~

  1. HOME >
  2. 車椅子で利用できるサービス >

【車いすで箱根旅】ロマンスカー編Wheelchair trip to Hakone~romance car~

ロマンスカー GSE (70000形) 

2022年10月125日(火)~26日(水)
車椅子ユーザーである母と、箱根に1泊温泉旅行。

新宿から箱根湯本まで『ロマンスカー』で行きました

特等席と思えるくらいゆったりとした車椅子席で、のんびり、でもあっという間に箱根へ。
乗車、降車、駅の様子などを紹介します。

ロマンスカーは車いすでも余裕です

箱根といえばロマンスカー!
私たち昭和世代はあの真っ赤な特急列車に憧れみたいな思いがありました。

車いすの母との旅行。
箱根は、車を運転しても2時間かからないで行けるくらいの距離ですが、そこはちょっと遠回りしてもロマンスカーで行きたかったんですよね。

予約から当日の乗降まで、もちろん少し手間な部分もあるけれど、やっぱり良かった~!
とくに車いす席はゆったりして眺めの良い席で、予想以上に快適な空間でした。

新宿駅小田急線改札内のトイレ

最寄り駅から新宿駅までも電車で行きました。
新宿駅で小田急線の改札へ移動。そして、まずはトイレタイム。
改札を入って、ホームへ降りるエレベーターの前にトイレがありました。

小田急線の新宿駅の多機能トイレはこんな感じ!▼

小田急新宿駅構内の多機能トイレの入り口
小田急新宿駅構内の多機能トイレの中の様子
小田急新宿駅構内の多機能トイレの中の様子

小田急線新宿駅ホームの売店

エレベーターでロマンスカーの発着ホームへ。
現在、お弁当や飲み物などの車内販売がありません。コロナの影響で終了となってしまったんですよね。
なので、出発前にホームにあるコンビニやカフェで食料調達。パンやお弁当、飲み物(ビールとかも!)いろいろ売ってます▼

こちらのカフェでは、テイクアウト用にパンを販売しています▼

ロマンスカーの発着ホームにあるカフェ

言わずもがなのセブンイレブン▼

ロマンスカー発着ホームにあるセブンイレブン

駅弁や、ビールも売っている売店▼

ロマンスカー発着ホームにある駅弁等の売店

ロマンスカー到着 そして乗車

私たちが乗車するロマンスカーがホームに到着しました▼

ロマンスカー GSE (70000形)がホームに入ってくるところ
ロマンスカー GSE (70000形)の乗降口

いよいよ乗車ですが、スロープを出してもらって乗車する樣子を動画に撮りました。
行きは上手く撮れなかったので、帰りの箱根湯本駅発の樣子です。帰りは赤いロマンスカーとは型の違うシルバー色の車体ですが、構造的にはほぼ同じなので参考にしてください(短い動画をさらに早回しにしてあるので数秒で見れます)▼

上の動画のようにスムーズに乗車し、予約してあった車椅子席へ。
車椅子席は、2列横並びの座席の通路側の席を外してあって、そこが車いすを置くスペースになっています。母は車いすから座席へ移乗できるのでこのように着席▼
ちなみに、介助者の私の席はこのすぐ後ろです。

ロマンスカーの車いす対応座席に座っている様子

座席への移乗が難しい方は、車いすのままでいることも可能。
このように座席の前のスペースがかなり広くとられています(リクライニング型の車いすでも可能なくらいのスペースです)▼
ちなみに、赤く囲った部分には緊急用の『SOS』ボタンもあります。

ロマンスカーの車椅子対応座席付近にあるSOS呼び出しボタン

ロマンスカーに乗るなら眺めの良い「展望席」を希望される方が多いと思いますが、段差があるので車いすユーザーには厳しいです。でも、母が利用したこの車椅子席も、なかなかの特等席でした。

窓枠がないので、景色はこーんな!▼

ロマンスカー車いす対応座席の横の窓の様子

先頭の席で、スペースがとても広く空いているので、荷物を足置きにして足を伸ばしてもこーんな!▼

ロマンスカー車椅子対応座席の前の広いスペースの様子

ちなみに母が座った席は、箱根湯本行きの進行方向に向かって右側の車椅子席ですが、左側にも先頭に車椅子席があります。そちらは窓枠があり、前のスペースがそこまで広くありません▼
右側の車椅子席のがぜったいおススメ!!

ロマンスカーの進行方向左側の車いす対応座席の様子

私の席のひじ掛けはパカッと開いて、中にはテーブルが格納されていました▼

ロマンスカーの座席のひじ掛けに内蔵されているミニテーブル
ロマンスカーの座席のひじ掛けに内蔵されているミニテーブル
ロマンスカーの座席のひじ掛けに内蔵されているミニテーブル

だが、母の席のテーブルはなぜか小さかった▼

ロマンスカーの車いす対応座席のひじ掛けに内蔵されているミニテーブル

ロマンスカー内の多機能トイレ

車椅子席がある車両の乗降口のところに多機能トイレがあります▼

ロマンスカー内の多機能トイレ(扉が閉じてる様子)
ロマンスカー内の多機能トイレ(扉が開いた様子)

中の様子はこんな感じ! 車いすで入っても回転できるくらいのスペースがあります▼

ロマンスカー内の多機能トイレ(中の様子)
ロマンスカー内の多機能トイレ(中の様子)

箱根湯本駅に到着!

箱根湯本駅の駅名標

新宿から箱根湯本まで乗車している時間は1時間半くらいなので、あっという間に到着。

箱根湯本駅の出口に向かう階段

出口に向かう階段の手前、左側に男子トイレ▼

箱根湯本駅の男子トイレ

奥に入っていくと女子トイレがあります▼

箱根湯本駅の女子トイレに向かう経路
箱根湯本駅の女子トイレ入口前

男子トイレ、女子トイレにそれぞれ多機能トイレがあり、手前の壁には案内板が▼
案内板の表面は点字が印字されていて、スピーカーからは案内の音声が出ています。

箱根湯本駅の多機能トイレ(女子トイレ)
箱根湯本駅の多機能トイレ(女子トイレ)手前にある案内板

多機能トイレの中の樣子はこんな感じ!▼

箱根湯本駅の多機能トイレ(女子トイレ)の中の様子
箱根湯本駅の多機能トイレ(女子トイレ)の中の様子

出口に向かう階段の横に「キャリーサービス」と「エレベーター」▼
キャリーサービスは、宿泊先に荷物を届けてくれるサービスです。詳細のリンクをはっておきます➔ 箱根キャリーサービス

箱根湯本駅のキャリーサービスとエレベーター

エレベーターで改札階に上がります▼

箱根湯本駅のエレベーターの中の様子
箱根湯本駅のエレベーターの中の様子

エレベーターを出たら、すぐに改札が見えます。車いすの場合は窓口横を通ります▼

箱根湯本駅の改札

改札を出るとすぐにお土産屋さん▼

箱根湯本駅の改札を出たところにあるお土産屋さん

ちなみに、改札を出るとき、きっぷに記念スタンプ押してもらいました▼

記念スタンプを押してもらったきっぷ

車椅子で乗るロマンスカー

箱根湯本駅に停車中のロマンスカー GSE (70000形)

予想以上に快適に過ごせたロマンスカー。
車椅子席は窓からの眺めもよく、スペースも広々しています。

車椅子席は通路を挟んで1席ずつなので、介助者と隣同士に並んで座ることができないのが残念なところです。
ただ、事前の問い合わせ時には「コロナの影響で現在は基本的にはご遠慮いただいておりますが、シートを回転させて向い合せでご利用いただくことも可能です。乗務員にお知らせください」とのことでした。

私たちは特に隣同士で横並びに座りたいわけでもなく、一人ずつ景色を眺めながらのんびり過ごすのもそれはそれなので、シートを回転させず縦並びに座りました。
もしもシートを回転させて向かい合わせに座る可能性があるなら、逆に、通路を挟んで反対側の、進行方向に向かって左側の車椅子席のほうが、回転させたときに窓枠に遮られずに眺めが良いと思います。

車内販売が終了となってしまったのも残念な点。
それでも私たちは買っておいたパンやお茶で車内で朝食タイムにしました。
行きのロマンスカーは私たちが先頭の席で、他に乗客は少なく、飲食の様子はよくわからなかったのですが、帰りのロマンスカーでは私たちの周りの乗客もわりと飲食されている方がいました。

ちなみに、上記の画像のとおり、行きは車椅子席はその車両の先頭の席でスペースが広かったですが、帰りはそのまま進行方向を逆向きにしているので、車椅子席は一番うしろの席になります▼

箱根湯本駅発新宿行きのロマンスカーの車いす対応座席の様子

次のページでは、ロマンスカーの車椅子席はネットで予約できること、でも一般席の方法とは少し異なるので、その予約の仕方などをご紹介します!

ロマンスカーの公式ホームページはこちら▼

ロマンスカー|小田急電鉄
ロマンスカー|小田急電鉄

特急ロマンスカーのご利用案内。ロマンスカー時刻表から、停車駅、オンライン予約、空席照会もご利用いただけます。また、ロマン ...

www.odakyu.jp

箱根でバリアフリールームのあるホテルを探しているならこちら▼

箱根の観光船バーサ
【箱根】写真で探すバリアフリー*車椅子や高齢者にやさしいホテル・宿Accessible hotels in Hakone

このページでは、当事者目線で探した【車椅子や高齢者にやさしい】バリアフリータイプの神奈川県箱根のホテルや宿をピックアップ ...

続きを見る

-車椅子で利用できるサービス
-, , , ,